トヨタ自動車、GAZOO Racingによるモータースポーツ活動の強化を発表

トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、TOYOTA Racing、LEXUS Racing、GAZOO Racingを通じて取り組んできたモータースポーツ活動を、2015年4月以降、「もっといいクルマづくり」の根幹に据え、「GAZOO Racing」の傘のもと推進することを発表した。

20150409_01_01_s

トヨタは、モータースポーツ活動をクルマの持つ「夢」や「感動」をお客様にもたらす大切なものと位置づけ、TOYOTA Racing、LEXUS Racing、GAZOO Racingを通じてFIA世界耐久選手権(WEC)、日本におけるSUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レースなど、さまざまなカテゴリーに挑戦してきた。さらに、GAZOO Racingを通じ、メーカーの枠を超えてクルマ好きを増やし、モータースポーツの裾野を広げる活動にも取り組んできた。

20150409_01_02_s
2015年4月11日以降、モータースポーツ活動が「もっといいクルマづくり・クルマファンづくり」の主軸であることをより明確にするため、すべてのモータースポーツ活動をGAZOO Racingの活動として一本化する。具体的には、2015年4月11日、12日に東京・青海で開催予定の「モータースポーツジャパン2015フェスティバル インお台場」(主催 : NPO法人 日本モータースポーツ推進機構)を起点に、WEC、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、全日本ラリー選手権といった「もっといいクルマづくり」の取り組みとしてトヨタがメーカーとして参戦するレース、ラリーにおいては、チーム名TOYOTA GAZOO Racingで参戦するほか、「もっといいクルマづくり」「クルマファンづくり」の活動の場において、TOYOTA GAZOO Racingのロゴを表示する。

001

豊田章男社長は「創業者である豊田喜一郎が貫いてきた、モータースポーツ活動がクルマづくりの進化、自動車産業の発展に不可欠なものであるとの想いを受け継ぎ、GAZOO Racingのもと、『道が人を鍛え、人がクルマを鍛える』の実践として、人づくり、クルマづくりを推進し、クルマファン拡大に結び付けたい」と述べている。

20150409_01_03_s

2015年4月1日に設立したモータースポーツ本部においては、それぞれの領域で推進してきたモータースポーツにかかわるマーケティング、車両開発機能を集約。統一した技術開発戦略のもと、モータースポーツ活動の車両開発へのフィードバックと、もっといいクルマづくりに向けた人材育成を推進し、さらにモータースポーツファン拡大につながる取り組みも強化する。

20150409_01_04_s
同本部では、ニュルブルクリンク24時間耐久レースを通じLEXUS LFAを鍛え上げたように、クルマづくりに関わるメカニックやエンジニアをレースの現場で育成する体制を推進。さらに、WECに投入するハイブリッド競技車「TS040 HYBRID」の開発で得た知見を、今後のハイブリッド車開発に応用すべく技術移転や人材交流を進めるなど、自動車事業の発展にモータースポーツを活用していく。

20150409_01_05_s

なお、SUPER GTなど、「クルマファンづくり」を主体とし、レクサス車両を使用するモータースポーツ活動においては、LEXUS GAZOO Racingやレクサスのブランドネームを使用する。

002

 

 

スポンサーリンク