2017スーパーフォーミュラが鈴鹿で開幕!好調の中嶋一貴選手が5度目のポールを獲得

全日本選手権スーパーフォーミュラの2017年シリーズが4月22日、三重県鈴鹿市・鈴鹿サーキットで開幕し、公式予選が開催された。

予選Q1では、今季よりKCMGに移籍した#18 小林可夢偉選手のマシンギアボックスとターボにトラブルが出て、アタックができないままにQ1敗退した。

A10J8876

All photograph taken by HIRO Masaki

続くQ2では、シーズン前のテストで苦戦を強いられていたP.MU / CERUMO・INGING #1 国本雄資選手と#2石浦宏明選手が1-2を独占する実力を見せつけ、開幕までにチームを立て直してきた。

A10J0455

昨年のGT2チャンピオンで新人の#15 TEAM MUGEN ピエール・ガスリー選手も、2日前までF1テストに参加していた疲れを見せることなく、7位でQ3進出を決めた。

A10J0570

注目のQ3では、自身初のポールポジションを目指す国本選手が1分35秒997というファステストラップを真っ先に記録するが、その想いを砕いたのは#37 VANTELIN TEAM TOM’S 中嶋一貴選手。
1分35秒907で国本選手のファステストラップを更新すると、自身通算5度目のポールポジションを確定した。

A10J0462

セカンドローには、惜しくも国本雄資選手選手が続き、明日の巻き返しを図る。

A10J9923

3位グリッドには昨年の覇者 #16 TEAM MUGEN 山本尚貴選手が1分36秒004という0.1秒以内に3台がひしめきあう混戦に食らいついた。

A10J0450

 

予選後の中嶋選手のインタビューは以下の通り

「(PPを獲得し)とりあえずホッとした。冬のテストから調子よくて、金曜日も非常に良いペースだった。でも他のチームも(セットアップを)合わせてくるだろうし、それが逆にプレッシャーになった。
最後のQ3はクルマもよく、自分自身も金曜からもうワンランク上がったかな。冬の成果が現れて良かった。
(Q 多忙なシーズンオフだったけど?)オフの間は忙しかったけど、ドライバーにとって走る時間が多いのはプラスになる。ボク自身もそうやって3カテゴリーでプッシュしてきた。(WEC開幕戦優勝など)走って結果を出せているし、そういう環境を与えてくれたチームにもトヨタにも感謝している。
まだ予選なので、明日走りきって優勝したい。」

(2017/04/27追記)
予選後記者会見の動画は以下の通り

その他の結果は以下の通り

IMG_1048

予選サマリーは以下の通り

開幕戦決勝レースは明日4月23日 13時40分にスタートする。

スポンサーリンク