スーパーGT第4戦は魔物が大暴れ!GT500クラスはDENSO KOBELCO SARDが今季初勝利

2017 スーパーGT、真夏の3連戦の始まりを告げる第4戦の決勝レースが7月23日、宮城県・スポーツランドSUGOで開催された。

決勝日は朝から雨が降りしきっていたものの、お昼あたりから雨は小雨となり、ウォームラップランからグリッドウォークの間にコースにはドライのラインが現れるなど、各チームはタイヤチョイスに悩みながらスタートを迎える。

GT500クラスではスリックタイヤを履いてスタートするチームが目立ったが、パレードランからフォーメーションラップに至る間に雨脚が強くなり、コースは完全にウェットコンディションになってしまう。

WedsSport、フォーラムエンジニアリング、カルソニック、ZENNTの4台がスリックタイヤをチョイスしていたが、これが完全に裏目に。

P86A5080

スタートが切られた直後の1コーナーではWedsSportがコースから外れるなど、難しいドライブを強いられる我慢の展開。

一方、ウェットタイヤでスタートしたホンダ陣営によって、トップ4チームを形成する。

順調に周回を重ねるかと見られた矢先、KEIHINのリアパネルが吹き飛ぶトラブルによりオレンジディスクが提示され、ガレージに戻ってしまう。

P86A4446

その後もセーフティカーが導入されるなどしてレースは荒れたが、GT500クラスにとって大きな影響をもたらしたのが3度めのセーフティカーのタイミングだった。

トップをゆくRAYBRIGをはじめとして、4位までのチームがまだピット作業を終わらせておらず、5位のDENSOと6位のS-ROADにチャンス到来。

P86A3706

さらにこの2台の状況を好転させたのは、7位以下のチームがセーフティカーの入った位置によって周回遅れとなってしまった。

レース再開直後にピットに入る上位陣を他所に、ホームストレートを駆けてゆくDENSO平手とS-ROAD本山は、悠々とトップを奪還する。

P86A3636

平手はタイヤが状況にマッチしているのか、次第にS-ROADを引き離していき、最大6秒もの差を作り上げることに成功するが、状況が変わってきたのがレースも残り10周となった頃。

それまでS-ROADとの間に築いたギャップが一気に削られていき、残り5周で本山が平手を捉えてテールトゥノーズに発展。

GT300クラスをパスしながらのバトルを展開し、いよいよ最終ラップというところで平手が1コーナーでコースオフを喫する。

しかしDENSOは必死の防衛によってトップを死守しながらも、明らかにS-ROADの方がラインの自由度を持った走りを見せる。

迎えた馬の背コーナーで強まった雨脚にバランスを崩し、迎えたSPコーナーで2台ともオーバーランしながらも、バランスを崩したDENSOの懐に飛び込むS-ROAD。

スクリーンショット 2017-07-25 16.05-2

マシンを接触させながらも2台はコーナーを立ち上がり、混迷を極めた壮絶なレースは平手が意地の走りでトップチェッカーを果たし、今季初勝利をもぎ取った。

P86A4026

第2の故郷となる平手にとって、この地での勝利を家族に報告することができた。

2位には最後までトップを苦しめたS-ROADが入った。
S-ROADは前日の予選で15位という最下位からのスタートだったが、荒れたレースに翻弄される他チームを他所に、2位表彰台まで上り詰めた。

P86A4067

3位には#6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S 大嶋和也/A.カルダレッリ組が入った。
普段はカメラが向くと何かしらのリアクションをとる脇阪寿一監督も、この日ばかりはモニタに釘付けとなる難しいレースだった。

P86A4855

ダイジェストは以下の通り

その他の結果は以下の通り

※雨/ウェット(天候/コース)

Po No Machine Driver Laps Best Lap Diff.(km/h) Tire WH
1
1
DENSO KOBELCO SARD LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
ヘイキ・コバライネン
平手 晃平
81 1’14.951 2:09’13.878 BS 30
2
46
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
本山 哲
千代 勝正
81 1’14.570 1.022 MI 16
3
6
WAKO’S 4CR LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
大嶋 和也
A.カルダレッリ
80 1’14.950 1Lap BS 60
4
23
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
松田 次生
ロニー・クインタレッリ
80 1’14.748 1Lap MI 36
5
8
ARTA NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
野尻 智紀
小林 崇志
80 1’14.219 1Lap BS 6
6
16
MOTUL MUGEN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
武藤 英紀
中嶋 大祐
80 1’16.096 1Lap YH 4
7
36
au TOM’S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
中嶋 一貴
ジェームス・ロシター
80 1’15.549 1Lap BS 64
8
64
Epson Modulo NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
ベルトラン・バゲット
松浦 孝亮
80 1’16.063 1Lap DL
9
100
RAYBRIG NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
山本 尚貴
伊沢 拓也
79 1’15.292 2Laps BS 34
10
37
KeePer TOM’S LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
平川 亮
ニック・キャシディ
79 1’15.500 2Laps BS 72
11
12
カルソニック IMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
安田 裕信
ヤン・マーデンボロー
78 1’14.772 3Laps BS 14
12
19
WedsSport ADVAN LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
関口 雄飛
国本 雄資
77 1’14.946 4Laps YH 18
13
38
ZENT CERUMO LC500
LEXUS LC500 / RI4AG
立川 祐路
石浦 宏明
76 1’14.261 5Laps BS 60
24
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500 / NR20A
佐々木 大樹
J.P.デ・オリベイラ
34 1’23.011 47Laps YH 6
17
KEIHIN NSX-GT
Honda NSX GT / HR-417E
塚越 広大
小暮 卓史
2 1’34.260 79Laps BS 36

真夏の3連戦、次戦は富士スピードウェイで8月5-6日に第5戦が開催される。