スーパーGT第4戦は魔物が大暴れ!GT300クラスはGAINER AMG GTが3年ぶりの勝利!

2017 スーパーGT、真夏の3連戦の始まりを告げる第4戦の決勝レースが7月23日、宮城県・スポーツランドSUGOで開催された。

決勝日は朝から雨が降りしきっていたものの、昼あたりから雨は小雨となり、ウォームラップランからグリッドウォークの間にコースにはドライのラインが現れるなど、各チームはタイヤチョイスに悩みながらスタートを迎える。

GT300クラスでは、ポールポジションの#25 VivaC TEAM Tsuchiya 山下選手と2番手スタートの#18 UPGARAGE BANDOH 86 中山友貴の2台がスタートから後続を引き離して快調にラップを重ねたものの、迎えた5周目、#35 ARTO 86 MC 101が最終コーナーでクラッシュを喫し、セーフティーカーが導入される。

P86A3620

11周目にレースは再開されたが、スリックタイヤでスタートをしていたGT500クラスの#19 WedsSport ADVAN LC500がUPGARAGEに接触、まさかの同士討ちによりUPGARAGEは下位に後退してしまう。

P86A3816

この後も魔物が住むスポーツランドSUGOの牙は容赦なくレースを混乱させ、断続的にセーフティカーが導入される事態となり、混乱するトップ陣を他所に、間隙を縫ってピット作業を済ませていた#11 GAINER TANAX AMG GT3、#50 Ferrari 488 GT3が53周目のレース再開とともにトップ集団に躍り出る。

P86A3560

ポールスタートだったVivaCは4位まで順位を落としたが、3位を走行する#4 グッドスマイル 初音ミク AMGを猛追。
68周目、GT500クラスに道を譲った谷口が見せたわずかな隙を見逃さずに初音ミクをパスし、3位に浮上する。

しかしこの時すでに先を行く2台には大きなビハインドを取られており、これ以上の上位猛追を果たすことは出来ずにチェッカーを迎えた。

2014年ぶりの優勝となったGAINERの平中克幸とビヨン・ビルドハイムにとって、これまで続いた不運を払拭し、後半戦に向けて明るい材料となり、チームの士気を大いに奮い立たせた。

P86A4738

同様に2位に入ったFerrari 488にとっても、今季序盤でのクラッシュによる不運を晴らす表彰台獲得となり、都筑晶裕・新田守男とも表彰台で晴れやかな表情を見せていた。

P86A5607

3位にはポールポジションからスタートしたものの、レースに翻弄され続けながらも#25 VivaC team Tsuchiyaが入った。

P86A5857

ダイジェストは以下の通り

その他の結果は以下の通り

※雨/ウェット(天候/コース)

 

Po No Machine Driver Laps Best Lap Diff.(km/h) Tire WH
1
11
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes AMG GT3 / M159
平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
77 1’21.158 2:10’06.496 DL 30
2
50
Ferrari 488 GT3
Ferrari 488 GT3 / F154GT
都筑 晶裕
新田 守男
77 1’21.527 7.269 YH
3
25
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC / GTA V8
松井 孝允
山下 健太
76 1’20.613 1Lap YH 58
4
4
グッドスマイル 初音ミク AMG
Mercedes AMG GT3 / M159
谷口 信輝
片岡 龍也
76 1’21.310 1Lap YH 54
5
60
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
飯田 章
吉本 大樹
76 1’21.010 1Lap YH 6
6
31
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS / RV8K
嵯峨 宏紀
久保 凜太郎
76 1’20.972 1Lap BS 2
7
65
LEON CVSTOS AMG
Mercedes AMG GT3 / M159
黒澤 治樹
蒲生 尚弥
76 1’20.412 1Lap BS 46
8
3
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
星野 一樹
高星 明誠
76 1’21.457 1Lap YH 22
9
61
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300 / EJ20
井口 卓人
山内 英輝
76 1’21.084 1Lap DL 30
10
9
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R / MA185
ジョノ・レスター
峰尾 恭輔
76 1’21.635 1Lap YH 24
11
360
RUNUP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
柴田 優作
青木 孝行
76 1’21.733 1Lap YH
12
5
マッハ車検 MC86 GTNET
TOYOTA 86 MC / GTA V8
坂口 夏月
藤波 清斗
76 1’21.704 1Lap YH 6
13
51
JMS P.MU LMcorsa RC F GT3
LEXUS RC F GT3 / 2UR-GSE
中山 雄一
坪井 翔
76 1’21.593 1Lap BS 56
14
52
埼玉トヨペットGreenBraveマークX MC
TOYOTA MARK X MC / GTA V8
番場 琢
脇阪 薫一
76 1’22.794 1Lap YH
15
33
D’station Porsche
PORSCHE 911 GT3 R / MA185
藤井 誠暢
元嶋 佑弥
76 1’21.323 1Lap YH 34
16
7
Studie BMW M6
BMW M6 GT3 / P63
ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
75 1’21.287 2Laps YH 24
17
18
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC / GTA V8
中山 友貴
川端 伸太朗
74 1’21.555 3Laps YH 4
18
26
TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA
Audi R8 LMS / DAR
山田 真之亮
ジェイク・パーソンズ
73 1’21.956 4Laps YH
19
87
ショップチャンネル ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3 / DFJ
細川 慎弥
佐藤 公哉
72 1’21.647 5Laps YH 16
20
21
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8 LMS / DAR
リチャード・ライアン
柳田 真孝
71 1’20.772 6Laps DL
21
10
GAINER TANAX triple a GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
富田 竜一郎
吉田 広樹
70 1’21.463 7Laps DL 10
22
48
植毛 GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3 / VR38DETT
高森 博士
田中 勝輝
68 1’22.697 9Laps YH
23
30
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS / RV8K
永井 宏明
佐々木 孝太
61 1’21.410 16Laps YH
2
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC / GTA V8
高橋 一穂
加藤 寛規
48 1’32.592 29Laps YH
55
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3 / P63
高木 真一
S.ウォーキンショー
45 1’26.776 32Laps BS 34
111
エヴァRT初号機 Rn-s AMG GT
Mercedes AMG GT3 / M159
石川 京侍
山下 亮生
38 1’25.151 39Laps YH
88
マネパ ランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3 / DFJ
織戸 学
平峰 一貴
26 1’46.525 51Laps YH
35
ARTO 86 MC 101
TOYOTA 86 MC / GTA V8
N.ジャルーンスルカワッタナ
N.ホートンカム
4 1’37.326 73Laps YH

真夏の3連戦、次戦は富士スピードウェイで8月5-6日に第5戦が開催される。