メルセデス謹製 公道F1カー「プロジェクトワン」全貌を発表

メルセデスAMGは9月12日、かねてからティザーを発表していた「プロジェクト・ワン」の全貌をフランクフルトモーターショー2017で発表した。

プロジェクト・ワンはメルセデスAMG創業50周年を記念して開発されたハイパーカーで、ミッドシップレイアウトに現行F1マシンに搭載されている1.6リッターV6ターボのパワーユニットに加え、加速時には120kWのMUG-Kによってパワーが加算され、80kWのMGU-Hがターボラグを軽減する。システム合計で1000馬力以上のパワーを発生する。

さらにフロントアクスルに2個のモーターで合計120kWの出力を発生し、最大で25km/hのゼロ・エミッション走行も可能となっており、F1には載されていない機能も追加されている。

これらのパワーユニットは、走行5万キロごとにオーバーホールする必要性がある。

ドアはガルウィングを採用し、カラーリングはメルセデスF1チームと同様の「シルバーアロー」が施されている。

ハンドルもF1を彷彿とさせるデザインを採用。

トランスミッションは8速「AMGスピードシフト8」を搭載し、0-200km/h加速は6秒以下で、最高速度は350km/h以上。

推定価格は240万ポンド(約3億4千万)で、275台が生産される予定だが、その全てがすでに購入契約を結ばれている。

生産は1日に1台だけで、実際に生産に入るのは来年の3クォーター以降とされている。

スポンサーリンク