スーパーフォーミュラ第6戦、ニック・キャシディがコースレコードで初ポールポジション

2017 全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦が9月23日、公式予選が開催された。

チャンピオンシップも残り2大会3レース。今回は1スペックタイヤ供給とあり、いつも以上にスターティンググリッドが重要になる。

魔物が棲むことで有名な宮城県・スポーツランドSUGOでは、午前中に雨が路面を濡らしたが、予選を迎える頃には薄曇りとなり、コースはドライコンディションに。

20分の予選Q1では、計測一本目で1-2を決めたITOCHU ENEX TEAM IMPUL勢のヤン・マーデンボローと関口雄飛が、2本めにむかう際にピット前で交錯するトラブルがあったが、マシンにダメージを負うことなくコースインすることができた。

関口とマーデンボローはQ1を1-2で突破した一方で、前戦でポールポジションを獲得していたDOCOMO TEAM DANDELION RACING 野尻智紀や、KONDO RACING 山下健太など5名が脱落。

迎えた7分の予選Q2では、VANTELIN TEAM TOM’S アンドレ・ロッテラー、関口雄飛、VANTELIN TEAM TOM’S 中嶋一貴の順でQ3進出。
P.MU/CERUMO・INGING 国本雄資や、2戦連続で表彰台を獲得しているTEAM MUGENフェリックス・ローゼンクヴィストがQ2で敗退することとなった。

ホンダ勢では6位のピエール・ガスリーが唯一のQ3進出を果たした。

決勝グリッドを決する7分の予選Q3では、ガスリーが1.05.080でトップに立ち、スーパーフォーミュラで初のポールポジションに期待がかかったが、このタイムをKONDO RACING ニック・キャシディが1.04.910というコースレコードでポールポジションを確定させた。

ニック・キャシディのアタックラップオンボード映像はこちら
近藤監督曰く「最終コーナーを立ち上がるとき、ニックの雄叫びが無線から聞こえた」というニックの右親指に注目

 

予選最後の最後までアタックを続けた関口雄飛が1.04.988で2番手に飛び込んだ。

3番手にはピエール・ガスリーが1.05.080で予選自己ベストのグリッドから決勝レースに臨む。

ポイントリーダーのP.MU/CERUMO・INGING 石浦宏明は1.05.537とタイムを出すことが出来ず、8位グリッドから明日の巻き返しを狙う。

 

その他の結果は以下の通り

2017 スーパーフォーミュラ 第6戦 SUGO 予選

Po.

No. ドライバー チーム エンジン タイム
1 3 ニック・キャシディ KONDO RACING トヨタ 1分04秒910
2 19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL トヨタ 1分04秒988
3 15 ピエール・ガスリー TEAM MUGEN ホンダ 1分05秒080
4 36 アンドレ・ロッテラー VANTELIN TEAM TOM’S トヨタ 1分05秒089
5 18 小林可夢偉 KCMG トヨタ 1分05秒090
6 20 ヤン・マーデンボロー ITOCHU ENEX TEAM IMPUL トヨタ 1分05秒242
7 37 中嶋一貴 VANTELIN TEAM TOM’S トヨタ 1分05秒313
8 2 石浦宏明 P.MU/CERUMO・INGING トヨタ 1分05秒537
9 1 国本雄資 P.MU/CERUMO・INGING トヨタ 1分05秒641
10 64 中嶋 大祐 TCS NAKAJIMA RACING ホンダ 1分05秒747
11 41 伊沢 拓也 DOCOMO TEAM DANDELION RACING ホンダ 1分05秒851
12 7 フェリックス・ローゼンクヴィスト SUNOCO TEAM LEMANS トヨタ 1分05秒889
13 65 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING ホンダ 1分05秒983
14 10 塚越 広大 REAL RACING ホンダ 1分09秒444
15 40 野尻 智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING ホンダ 1分06秒171
16 16 山本 尚貴 TEAM MUGEN ホンダ 1分06秒342
17 4 山下健太 KONDO RACING トヨタ 1分06秒439
18 8 大嶋和也 SUNOCO TEAM LEMANS トヨタ 1分06秒524
19 50 小暮 卓史 B-Max Racing team ホンダ 1分06秒649