マツダ「アクセラ」ハイブリッド車を一部改良。衝突被害軽減ブレーキなどを標準装備化。

マツダは「アクセラ」のハイブリッド車を一部改良、11月20日に発売する。

今回の改良は、「スマートシティブレーキサポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御」が標準装備へ。低速走行時の衝突被害を自動制御で回避、軽減するブレーキシステムをハイブリッド車の全モデルに標準装備とする。これは日本メーカーでは初めてのこと。

 

 

ハイブリッド車の最上級モデル「ハイブリッドS・Lパッケージ」は、夜間の前方視界確保をサポートする「ハイビームコントロールシステム(HBC)」と車線逸脱の危険をドライバーに警告する「車線逸脱警報システム」も標準装備化された。

さらに、これまでハイブリッドモデルでは選択できなかった18インチタイヤ&アルミホイールを採用し、操縦安定性の向上が図られている。




 

スポンサーリンク