【速報】2016スーパーGT開幕!RD.1岡山 GT300クラス予選結果 VIVAC86MCがポール獲得

2016年スーパーGTの開幕戦となるラウンド1が岡山県・岡山国際サーキットで本日より開幕し、予選が開催された。

世界のスーパーカーが集結し、さらに新型プリウスのデビューなど群雄割拠のGT300クラスでは、昨年度チャンピオン0号車GAINER TANAX GT-Rのアンドレ・クート選手が苦しみ、タイムを伸ばせないままに17番手でQ1敗退を喫する波乱になった。

_10J9078

そんななかでSUBARU BRZがコースレコードに迫る1分26秒532で早くもタイムを出し、Q1トップタイムで幸先の良いスタートとなった

_10J9530

 

続くQ2では、マザーシャーシの86を擁する25号車VivaC 86 MCの土屋武士選手が残り2分でコースレコードを約1秒上回る1分25秒586をマーク。

ポールポジションを決めた。

_10J8806

2位には65号車LEON CVSTOS AMG-GTの黒澤治樹選手が1分25秒624でフロントローを獲得した。

_10J9531

その他の結果は以下のとおり

IMG_0754

All text and photograph by HIRO
© 39 PHOTO  SERVICE

スポンサーリンク