ヨコハマタイヤ、スーパーフォーミュラに今年は2戦でソフトタイヤを供給 

株式会社日本レースプロモーション(代表取締役社長 倉下 明、所在地:東京都千代田区)は、2017年シーズン 第4戦ツインリンクもてぎ、および、第5戦 オートポリスにおいて、ソフトタイヤを導入する。

昨年の第4戦もてぎにおいて、シリーズ初のソフトタイヤを導入したが、今シーズンは2戦に拡大。

2年ぶりの開催となるオートポリス大会にも導入することで、同シリーズに新たなレース要素を追加する。
スポンサーリンク



今シーズン導入するソフトタイヤは、横浜ゴム株式会社協力の下、昨年の仕様とは異なる新たなコンパウンドを開発中であり、昨年以上のグリップ性能によるタイムの向上、ミディアムタイヤとのタイム差を生み出す仕様を目指している。

A10J4320

また、2戦連続での導入により、持ち越しタイヤによる次戦への影響も発生すると同時に、サイドウォールのデザイ
ンも変更することによって、レース観戦においても視認性が向上することで、レースの戦略性とエンターテイメント性の両面を向上させることを目指す。

最終的な仕様の確定は、7月に行われるオートポリスでのテストの結果を以て判断される。

《2017シーズン仕様 ソフトタイヤデザインイメージ》

スクリーンショット 2017-07-08 14.08

スポンサーリンク