スーパーフォーミュラ第3戦富士スピードウェイ決勝、石浦が逆転優勝を果たす!12番手スタートのロッテラーも3位表彰台獲得

2017 スーパーフォーミュラ第3線が7月9日、静岡県・富士スピードウェイで決勝レースを迎えた。
予選日に続いて決勝日も快晴に恵まれ、多くの観客がサーキットに集まった。

スタート

photograph HIRO Masaki

気温32度、路面温度44という酷暑の中で繰り広げられた決勝レースでは、ポールポジションからスタートした#1 P.MU/CERUMO・INGING 国本雄資が、2位以下を大きく引き離してトップを守ったまま31周を走ったところでピットイン。給油とタイヤ4本を交換してピットアウトする。

国本雄資

photograph Takashi Arisaka

しかしピットアウト後に右フロントサスペンションにトラブルが発生してスローダウン。
再度ピットインし、対応した上で再スタートを切るもトラブルは改善せず、ピット作業を繰り返してレースから脱落。最期はガレージに入れてしまい、そのままリタイヤとなってしまった。

国本に変わってトップに立ったのは、チームメイトで2番手グリッドからスタートした#2 P.MU/CERUMO・INGING 石浦宏明だった。

石浦宏明

photograph HIRO Masaki

石浦はスタートで後続の#19 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL 関口雄飛と#37 VANTELIN TEAM TOMS 中嶋一貴に先行を許して4位まで後退したが、#36 VANTELIN TEAM TOMS アンドレ・ロッテラーが9周目にピットインすると、その後に快調なペースを重ねたロッテラーを見て中嶋一貴や関口がこれに反応。
ピットインした選手の中では関口が先頭に立つが、関口のペースが鈍く、これに中嶋一貴やロッテラーが巻き込まれてしまい、トップから徐々に離されてしまう。
スポンサーリンク

この結果、前がひらけてくリーランエアを得た石浦は、トップをゆく国本とのギャップを徐々に詰めていき、ピット作業でもタイヤを4本交換するマージンを下位との間に作り上げ、国本を猛追する準備が整う。しかし国本は31周目のピットインで右フロントに抱えたトラブルによって脱落。

チームメイトのトラブルに見舞われるという複雑な思いをいだきつつ、石浦が1時間20分9秒046でトップチェッカーを受け、さらにポイントリーダーに躍り出た。

IMG_0419

photograph Takashi Arisaka

このように荒れるレース展開でも、冷静な判断を続けたのが10番手スタートのルーキー、#7 SUNOCO TEAM LEMANS フェリックス・ローゼンクヴィストだった。
上位陣が次々とピットインをする中、ローゼンクヴィストはコース上にステイし、ペースの上がらないピット組をよそに快調にペースを安定させて2位に立つと、大幅に遅らせたピットインは37周目。

給油とリアタイヤ2本の交換でコースに復帰し、2位に立つことに成功。

そのままチェッカーを受けて、参戦3戦目にして初の表彰台をもぎ取った。

ローゼンクヴィスト

photograph HIRO Masaki

3位に入ったのは、12番手スタートの#36 VANTELIN TEAM TOMS アンドレ・ロッテラーだった。

IMG_0382

photograph Takashi Arisaka

前日の予選では小林可夢偉のスピンによる赤旗中断でタイムを出せなかったロッテラーは、スタートから5つ順位を上げるロケットスタートを決めると、9周目に他車に先駆けていち早くピットイン。その後はペースが上がらない関口雄飛の後塵を拝し、巧みなブロックを前に悪戦苦闘するが、36周目に関口を1コーナーでパスすることに成功。

タイヤ無交換のロッテラーがリア2本交換のローゼンクヴィストに迫ることは叶わなかったが、レース中に9位もの順位を上げて3位表彰台を奪い取った。

ロッテラー

photograph HIRO Masaki

4番手争いは熾烈を極め、関口雄飛が後続のガスリーや伊沢、中嶋一貴、ヤン・マーデンボローに押されながらも順位を守りきってフィニッシュした。

毎年のシリーズの中でも屈指のバトルを生む富士スピードウェイでの一戦は、山本直樹や山下健太、日供・キャシディ、小林可夢偉など不運に見舞われる厳しいレース展開や、アンドレ・ロッテラーの見事なオーバーテイクなど、見どころの多い激しいバトルが繰り広げられた。

 

その他の結果は以下の通り

Po. No. Driver Car Name / Engine Laps Time Delay BestTime
車両:SF14 / タイヤ:ヨコハマ
1 2 石浦 宏明Hiroaki Ishiura P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’09.046 187.642km/h 1’25.663
2 7 フェリックス・ローゼンクヴィストFelix Rosenqvist SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’16.315 7.269 1’25.581
3 36 アンドレ・ロッテラーAndre Lotterer VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’31.888 22.842 1’26.156
4 19 関口 雄飛Yuhi Sekiguchi ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’50.832 41.786 1’26.625
5 15 ピエール・ガスリーPierre Gasly TEAM MUGEN SF14Honda HR-417E 55 1:20’50.867 41.821 1’26.252
6 41 伊沢 拓也Takuya Izawa DOCOMO DANDELION M41Y SF14Honda HR-417E 55 1:20’52.430 43.384 1’26.481
7 37 中嶋 一貴Kazuki Nakajima VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’53.113 44.067 1’26.737
8 20 ヤン・マーデンボローJann Mardenborough ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A 55 1:20’53.407 44.361 1’26.552
9 10 塚越 広大Koudai Tsukakoshi REAL SF14Honda HR-417E 55 1:20’53.956 44.910 1’26.790
10 40 野尻 智紀Tomoki Nojiri DOCOMO DANDELION M40S SF14Honda HR-417E 55 1:20’55.238 46.192 1’26.843
11 64 中嶋 大祐Daisuke Nakajima TCS NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-417E 55 1:21’12.893 1’03.847 1’26.949
12 8 大嶋 和也Kazuya Oshima SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A 55 1:21’13.595 1’04.549 1’26.735
13 50 小暮 卓史Takashi Kogure B-Max Racing team SF14Honda HR-417E 55 1:21’15.563 1’06.517 1’26.755
14 65 ナレイン・カーティケヤンNarain Karthikeyan TCS NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-417E 55 1:21’23.551 1’14.505 1’26.824
15 18 小林 可夢偉Kamui Kobayashi KCMG Elyse SF14TOYOTA RI4A 55 1:21’30.220 1’21.174 1’26.308
以上完走(規定周回数 49Laps)
4 山下 健太Kenta Yamashita FUJI×raffinee KONDO SF14TOYOTA RI4A 46 1:08’46.143 9Laps 1’26.669
1 国本 雄資Yuji Kunimoto P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A 36 56’07.889 19Laps 1’26.093
16 山本 尚貴Naoki Yamamoto TEAM MUGEN SF14Honda HR-417E 25 38’52.625 30Laps 1’26.455
3 ニック・キャシディNick Cassidy FUJI×raffinee KONDO SF14TOYOTA RI4A 1 1’35.160 54Laps

 

決勝レースサマリーは以下の通り

【7月10日追記】決勝後記者会見の模様はこちら

次戦 スーパーフォーミュラ第4戦は8月19-20日、ツインリンクもてぎで開催される。

もてぎではスーパーフォーミュラ タイヤサプライヤーのヨコハマタイヤより2スペックタイヤが投入されるなど、より戦略的なレースが展開されると予想されている。