台風直撃のスーパーフォーミュラ最終戦 影響を考慮して決勝グリッド決定に関する通知を発行

日本レースプロモーション(JRP)は10月21日、スーパーフォーミュラ最終戦の決勝レースのグリッド決定方法と選手権ポイント付与に関する通知を行った。

これは台風21号接近の影響を考慮し、もはや荒天が確実となった状況を踏まえての通知となる。

全ての状況を考慮した通知となっており、選手権ポイントも下記のとおりに運用される。

現在、シリーズランキングトップは 石浦宏明で、2位ピエール・ガスリーとは0.5ポイント差となっているため、1ポイント差が非常に大きな結果を生む。

日曜日も更なる荒天が見込まれているだけに、采配は非常に難しい決断を迫られている。

スポンサーリンク



 

1.フリー走行・公式予選ともに実施できなかった場合
①グリッドの決定方法
レース1のグリッド:第6戦終了時点のシリーズランキング順
レース2のグリッド:レース1終了後のシリーズランキング順

②選手権ポイント
ポールポジションへの選手権ポイントは付与されない。

2.フリー走行が実施され、公式予選が実施できなかった場合
①グリッドの決定方法
レース1:フリー走行のベストタイム順
レース2:フリー走行のセカンドベスト順
※レース1が中止となった場合も、レース2のグリッドはフリー走行のセカンドベストタイム順を採用する

②選手権ポイント
それぞれのポールポジション獲得者へ選手権ポイントが付与される。

3.フリー走行が実施され、公式予選がQ1のみ実施された場合
①グリッドの決定方法
レース1:Q1のベストタイム順
レース2:Q1のセカンドベストタイム順
※レース1が中止となった場合も、レース2のグリッドはQ1セカンドタイム順を採用する。
スポンサーリンク



②選手権ポイント
それぞれのポールポジション獲得者へ選手権ポイントが付与される。

4.フリー走行が実施され、公式予選がQ1・Q2のみ実施された場
①グリッドの決定方法
レース1:Q1の結果順
レース2:Q2までの結果順

②選手権ポイント
それぞれのポールポジション獲得者へ選手権ポイントが付与される。

5.共通事項
1.フリー走行はコースオープン状態が合計20分間を超えた場合に「実施された」とみなす。
2.上記に当てはまらない事象が発生した場合は、大会審査委員会が決定するものとし、当該決定に対して抗議・控訴は認められない。

スポンサーリンク