【速報】2016全日本選手権スーパーフォミューラ 第6戦 岡山 予選結果 中嶋一貴選手がポール獲得

2016全日本選手権スーパーフォミューラ第6戦が9月10日(土)、本来の開催地である大分県・オートポリスからの代替開催地、岡山県美作市・岡山国際サーキットレーシングコース(1周:3.703Km)で開幕した。

土曜日の本日はレース1のフリー走行、予選、決勝を1日で開催するフォーマット。

秋晴れの穏やかな天候で迎えた予選1では、開始早々から小林可夢偉選手がフロントからウォールに軽く接触するトラブルで赤旗中断などがあり、各選手も時間配分に手間取る。

そんなか、#37 VANTELIN TEAM TOM’S 中嶋一貴選手が1分14秒038でポールポジションを獲得。

13557774_494346260773066_301313718640158334_n

2番手グリッドには、フリー走行でも好調だった#2 P.MU/CERUMO/INGING 国本雄資選手が1分14秒150でフロントローを獲得した。

13439188_493930830814609_2921630525365199909_n

3番手グリッドにはF1へのステップアップが発表された#41 DOCOMO TEAM DANDELION ストフェル・バンドーン選手が1分14秒157で獲得した。

13508971_494349120772780_90280729695498289_n

予選後のインタビューは以下のとおり

中嶋一貴選手

(セッションが赤旗中断などで)いろいろと時間を理解するのが難しかったので、変な感じ。基本的にはいつものQ1と同じ感覚で出て行った。

赤旗で中断したので、残り時間が分かりにくい状況でした。再開後はニュータイヤで出たけど、思ったより時間があったのでピットで(タイヤを)休ませた。

その後はタイミングのいいところでアタックできた。グリップも高かったし、クルマも持ち込みからいい状況だったので、それがうまく活かせて良かった。

みんな多分、消化不良で終わっただろうけど、そんな中でも一番前ということで、久しぶりのポールポジションだし、今日のレースは予選の位置が大事なので、一番前にいられて良かった。

午後は非常にバタバタしたレースになると思いますけど、スタートには自信もありますし、長いレースではニアので、しっかりとスタートを決めて気持ちを切り替えてレースに臨みたいと思う。

 

・その他の結果は以下のとおり(暫定)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-10-12-39-16

スポンサーリンク