LEXUS、スーパーGT参戦概要を発表 一貴&関口ペアが爆誕

トヨタ自動車は2月8日、2018年モータースポーツ参戦体制を発表し、スーパーGTでは大シャッフルが巻き起こった。

昨年のシリーズチャンピオンの#1 KeePer TOM’Sは平川亮・ニックキャシディの若手コンビは継続し、#38 ZENT CERUMOも立川祐路・石浦宏明が不動のドライバーで臨む。

#36 au TOM’Sでは中嶋一貴・関口雄飛ペアが誕生。
安定の走りを見せる中嶋と、アグレッシブさにおいて右に出るものがいない関口のケミストリーは今季の台風の目になりそうだ。

#6 WAKO’S 4CRでは大嶋和也に加え、昨年のスーパーフォーミュラ、フォーミュラEでの目覚ましい活躍が光ったフェリックス・ローゼンクヴィストを迎えた。

さらに#19 WEDS SPORTS ADVANでは国本雄資の相棒に山下健太がステップアップ。山下は国本から学ぶことが多い充実の一年になりそうだ。

#39 DENSO KOBELCO SARDにはヘイキ・コバライネンに初のフル参戦を果たす小林可夢偉が合流した。F1参戦経験のあるドライバー2人を揃えたSARDは、今季も目が離せない存在になる。

【2018スーパーGT(GT500)ドライバーラインナップ】
#1 Keeper TOM’S LC500(タイヤ:BS)
平川亮/ニック・キャシディ
#6 WAKO’S 4CR LC500(タイヤ:BS)
大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト
#19 WedsSport ADVAN LC500(タイヤ:YO)
国本雄資/山下健太
#36 au TOM’S LC500(タイヤ:BS)
中嶋一貴/関口雄飛
#38 ZENT CERUMO LC500(タイヤ:BS)
立川祐路/石浦宏明
#39 DENSO KOBELCO SARD LC500(タイヤ:BS)
ヘイキ・コバライネン/小林可夢偉

スポンサーリンク