日産、2018年スーパーGT参戦体制を発表 B-MAX RACINGがGT500にステップアップ

日産自動車とNISMOは2月12日、2018年モータースポーツ活動計画を発表した。

スーパーGT500クラスには従来通り4台のGT-Rが参戦するものの、新たにNDDP RACING with B-MAXが参戦する。

#23 NISMOは松田次生/ロニー・クインタレッリのコンビを今季も継続。2014-2015シーズン以来のチャンピオン奪還を引き続き目指す。

#12 TEAM IMPULには昨年から引き続きヤン・マーデンボローの相棒に、昨季KONDO RASINGから佐々木大樹が加入する。

その#24 KONDO RACINGでは、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラに加え、昨年のF3でチャンピオンを獲得した高星明誠が加わった。

そして今季よりGT500に新規参戦を果たすのが#3 NDDP RACING with B-MAXだ。
ドライバーに本山哲/千代勝正のコンビをMOLAから継承し、タイヤもミシュランをチョイスする。

「ドライバー体制は、どのチームもチャンピオン争いができるよう、布陣を見直しました」と言う2018年の日産の悲願は、もちろん2015年からのシリーズチャンピオン奪還である。

日産系チームの総監督は、ニスモ常務執行役員 田中利和が務める。
NISSAN GT-R NISMO GT500の2018年型では、車両中央部の空気の流れの最適化を始め、空力性能を向上させたほか、エンジンの出力及び耐久性も向上が図られた。

スポンサーリンク



なお、同時にカスタマーレーシングプログラムも発表され、GT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERとKCMGに、進化した2018年モデルのNISSAN GT-R NISMO GT3を2台ずつ供給する。

スーパーGT300クラスでは#11 GAINER TANAX GT-Rに平中克幸/安田裕信、#10 GINER TANAX triple a GT-Rは星野一樹/吉田広樹がドライバーを務める。
また、KCMGは2台の2018年モデルNISSAN GT-R NISMO GT3で、ブランパンGTアジアシリーズに参戦する。

片桐隆夫 ニスモ社長 兼 最高経営責任者コメント
「我々の活動の核となってきたSUPER GTでは、車両、チーム、ドライバーと多くの見直しを図りました。今年は開幕戦から好スタートを切り、日産系全チームが、GT-Rの名にふさわしい力強いレースをお見せするシーズンにしたいと思います。開発を進めてきたGT3の2018年モデルもいよいよデビューしますので、その活躍を期待しています。また、NISMOロードカーを使ったNISMOドライビングアカデミーの拡充や、全日本ラリーをはじめとしたグラスルーツカスタマーへの支援も行い、NISMOロードカーの支援も行ってまいります。新たなチャレンジとなるフォーミュラEへの参戦は、『ニッサン・インテリジェント・モビリティ』をNISMOがサポートする機会となります。大きなチャレンジですが、観る人を魅了する走りができるよう、こちらも全力で準備を進めてまいります」

スポンサーリンク